Skip to content

April 22, 2012

漫歩外灘

by otomatsu

SDIM1229
Sigma DP2x

外灘を歩く。
 

R3014534.JPG
Ricoh GR Digital III

R3014536.JPG
Ricoh GR Digital III

R3014538.JPG
Ricoh GR Digital III

SDIM1235
Sigma DP2x

SDIM1247
Sigma DP2x

SDIM1249
Sigma DP2x

SDIM1252
Sigma DP2x

R3014541.JPG
Ricoh GR Digital III
 

外灘(ワイタン、ピンイン:Wàitān、がいたん)あるいはバンド(英語名:The Bund)は、中国・上海市中心部の黄浦区にある、上海随一の観光エリアである。黄浦江西岸を走る中山東一路沿い、全長1.1kmほどの地域を指す。

この一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(上海租界)であり、当時建設された西洋式高層建築が建ち並んでいる。租界時代の行政と経済の中心であったことから現在も官庁と銀行が多いが、ジョルジョ・アルマーニやカルティエなどの大型旗艦店や、租界時代のレトロな雰囲気を売り物にしたバーやレストランなどが建物の中に入るようになり、お洒落な街並みに変貌しつつある。

外灘の建築物群は、1996年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。

引用元: 外灘 – Wikipedia.

 

Advertisements
Read more from Travel

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

%d bloggers like this: