Skip to content

Posts tagged ‘GRD4’

16
Feb

Port Tower

R4005756.JPG
Ricoh GR Digital IV

神戸港のシンボルといえば。
 

Read more »

Advertisements
16
Feb

神戸元町

R4005755.JPG
Ricoh GR Digital IV

大丸の脇を抜け、モトコーを歩き、洋食朝日のビーフカツに舌鼓。
 

Read more »

9
Feb

Ricoh SC-75B Soft Leather Case Designed for GXR

R4005729.JPG
Ricoh GR Digital IV

リコーのデジカメはどうもラバーグリップの設計に難があるらしく、ずっと使っていると粘着剤が溶けてラバーが浮いたりねちゃねちゃしたりしてくる(最新モデルであるGRD4では遂に改善されたのか、今のところ目立った問題なし)。特にGXRはその傾向が顕著で、ここ1年ほどは気になって仕方がない。GXRはMount A12ユニットに重量級のオールドレンズや一眼レフ用のレンズを付けることが多いので、それなりに大きな負荷がかかっている模様。

ラバーの貼り替えだけに何千円もかけたくはないし、だいぶ安くなったとはいえ本体を買い換えるのもナンセンス。ということで純正ソフトケースSC-75Bを取り付けてみた。グリップ部分が一回りほど大きくなって、重量もそれなりにある。GXRのコンパクトさをスポイルしている気がしなくもないけど、とりあえずねちゃねちゃは気にならなくなった。多少がっしりしていた方が大柄なレンズを構えるのにはいいかも、と前向きに捉えてみたり。

グリップ部分のフィット感はそんなにないけど、レザーだからそのうち馴染んでくるのではと期待。とりあえずもうしばらく使ってみる。
 

6
Oct

花潜

R4005606.JPG
Ricoh GR Digital IV

前玉から1cmまで寄れるストレスフリーなGRD。ちょっとパースペクティブが効き過ぎるけど。
 

29
Sep

Inglenook Edizione Pennino Zinfandel 2009

R4005595.JPG
Ricoh GR Digital IV

日曜日に会社同僚宅のBBQに招かれたので、Inglenookのジンファンデル、Edizione Penninoを持参。

Inglenook Vineyardは1879年にNapaで設立された由緒正しいワイナリー。紆余曲折を経てゴッド・ファーザーのフランシス・コッポラ監督の手に渡り、Niebaum-Coppola Wineryとして再生。2011年には念願だったInglenookの商標権を取得し、ファーストヴィンテージとしてリリースされたのがこの2009年。

久しぶりのジンファンデル。ふくよかな甘さにきめ細かいタンニン、あぁ美味しいジンってこういう味だったよなと思い出に浸りながら堪能。
 
Read more »

30
Jun

2 Months

R0322390.jpg
Ricoh GXR Mount A12 + Pentax FA31mmF1.8AL Limited

もう2ヶ月になりますが、まだツルツルです。
長女も生まれてすぐはツルツルだったので、多分大丈夫でしょう。
 
Read more »

28
Jun

台北101

R4005321.JPG
Ricoh GR Digital IV

台湾最終日は上陸して初めての好天に恵まれる。
ビルの間からにょきっと台北101。
 

Read more »

25
Jun

金色三麥

R4005218.jpg
Ricoh GR Digital IV

金色三麥(チンスーサンマイ)のラガー。
本場ドイツの醸造技術を取り入れて造られているとかで、麦の甘みが感じられる上質な一杯。
 

:: 金色三麥 Le Blé d'Or ::
 

24
Jun

鼎泰豐

R4005168.jpg
Ricoh GR Digital IV

iPhone 4SとGR Digital IVを携えて台湾出張。
到着日は日曜日、遅めのランチは信義路の鼎泰豐にて。

蟹粉小包、蝦仁燒賣、蝦仁炒飯。ビールが進む、進む。
 

Read more »

22
May

Boys Night Out

R4005085.JPG
Ricoh GR Digital IV

名古屋のイタリアンレストランにて、おっさん×4人でワイン&日本酒に舌鼓。

持ち寄ったのは左から順に;

 

美味い料理×美味い酒、最高に幸せなひとときでした。
 

Read more »

%d bloggers like this: