Skip to content

September 11, 2011

Rocky Mountain Air Show

by otomatsu

R0318191

National Parkの次はAir Showの会場へ。
最後のメインイベントにギリギリ間に合った。

耳を劈く轟音と凄まじいスピード&テクニック。GXRではフレームに収めるのがやっと。
 

R0318190

R0318203

R0318204

R0318205

R0318206

R0318208

SDIM0848

SDIM0852
 

戦闘機のデモはいずれもGXR + P10の望遠端300mm、MF(無限遠固定)で撮影。
どうも露出が合わないので、途中からMモードに切り替えてみた。

@shiologyさんから聞いたばかりの「Mモードワンプッシュ」を早速使うことになるとは。

 

F/A-18 は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機。アメリカの軍用機命名規則は記号の使用を禁じており、正式にはFA-18である。また採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。

スズメバチを意味するホーネット (Hornet) が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。

引用元: F/A-18 (航空機) – Wikipedia

バージニア州フォールズチャーチに本社を置くジェネラル・ダイナミクス社が開発した軽量戦闘機。当初は昼間軽量戦闘機として開発されたが、後に全天候対空/対地攻撃能力を付与された。正式な初飛行は1974年2月2日。胴体と翼を一体で整形するブレンデッドウィングボディの採用、フライ・バイ・ワイヤを搭載するなど、当時の革新的技術を取り入れている。

アメリカ空軍では高価なF-15と安価な本機での「Hi-Lo-Mix ハイ・ロー・ミックス」運用が行われており、保有作戦機の過半数を占めている[1]。

4,000機以上製造され、世界20ヵ国以上の空軍が採用した実績から、ベストセラー戦闘機と評されている。また、本機をベースとした戦闘機や練習機が複数開発されている(後述)。

後継機としてF-35を開発中で、アメリカ空軍では2020年代までの運用を予定している[1]が、生産は現在でも続いており、国によってはそれ以降も運用する見込みである。

引用元: F-16 (戦闘機) – Wikipedia

 

Home | Colorado Sport Aviation

Advertisements
Read more from Travel

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

%d bloggers like this: