Skip to content

February 19, 2010

Cerro San Cristóbal, Santiago, Chile

by otomatsu
Cerro San Cristóbal, Santiago, Chile

Ricoh GR Digital II
R0011524.JPG

GR Digital IIで撮った中でお気に入りの1枚。

Chileの首都、Santiago市内にある小高い丘。
聖クリストファーの丘。

でもその頂上に聳え立つのはSaint Christopherではなく
Virgin Mary… 聖母マリア様。

Cerro San Cristóbal is a hill in northern Santiago, Chile. It rises 880 m AMSL and about 300 m above the rest of Santiago; the peak is the second highest point in the city, after Cerro Renca. Its original indigenous name was Tupahue. It was named by the Spanish conquistadors for St Christopher, in recognition of its use as a landmark.

引用元: Cerro San Cristóbal – Wikipedia, the free encyclopedia

クリストフォロス(Χριστόφορος, 原意はギリシア語のキリストを背負うもの)は、三世紀のローマ皇帝デキウスの時代に殉教したとされるキリスト教の伝説的な聖人。正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会・ルーテル教会で聖人とみなされている。カトリック教会では旅行者の守護聖人とされる。伝統的に7月25日がクリストフォロスの祝日とされてきたが、現在のカトリック教会の聖人暦から「史実性に乏しい」として除外されてはいる。日本正教会では「聖致命者ハリストフォル」と表記される[1]。

引用元: クリストフォロス – Wikipedia

 

トラックバック企画 「空」(パート2)に参加。
 

Advertisements
Read more from Camera, Travel

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

%d bloggers like this: